会員の皆様へ――休会にあたって

理事長からのメッセージ

新型コロナウイルスの感染が日本国内にも拡大しておりますが、会員の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

4月7日には東京を含む7都道府県が、続いて16日には全国に緊急事態宣言が発令されました。感染の拡大防止には人の交流を最大8割減らすことが必要であり、そのためには生きる手段である仕事までも大幅に自粛するようにとの要請で、これはある意味では戦争と肩を並べるほどの災厄と言えるのではないでしょうか。

これは人命を守るための措置であり、わが国においてはこれからが正念場であることが首相や都知事によってここ1か月毎日のように言われております。

この現状を踏まえ、当会は5月も引き続き道場をはじめ全ての修養会の一切をお休みにすることが妥当であると判断いたしました。

皆さま、この趣旨をご理解いただき、会員同士で集まる予定などがある場合も、是非取りやめていただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、私たちは報恩会のお話を聴いたりご質問をする中で「天からのご意見」という言葉で教えていただくことがあります。

コロナウイルスによる災厄も、天から我々人類へのご意見ではないのか。そして外出を控えるよう要請されている今、いつもにはない時間が与えられていますが、この時間は「それが何かを考えろ」と天から与えられた時間ではないかと私には思えて仕方ありません。

私はこの災厄を、自然界の調和を崩してまでも物質的な利益の追求にひた走る人類へのご意見、鉄槌なのではないか、と考えます。私自身、日頃教えていただいているのに物の命を活かしきることを忘れている点を改めて反省しております。

しかし同時に、ライフラインが整い、清潔で豊かな生活が守られている有難さが身に沁みて思われます。自分自身が文明の恩恵に浴しているのですから誰を責めることもできません。反省し、そしてただ感謝あるのみです。

皆さまの心の拠り所であるこの会がお休みしている現在、講師の先生のお話を聴くこともできず、毎日の報道で感染者の数や医療崩壊の危機などという言葉を聞かされて不安を覚えない人はいないかもしれません。私もそのひとりです。

そのような中、日頃修養のお話を聴かせていただいている私たちは何をどう考え、何をしたらよいのでしょうか。

そのいくつかを整理して、ここにお伝えしたいと思います。

まず、いたずらに不安になってはいけません。

テレビ番組などは重要な情報源ですが、不安を煽られる一面もありますので客観的に見る姿勢が必要です。私たちは、心配をし過ぎることはいけないと教えられております。何事にも万が一の備えは必要ですが、心配の度合いが過ぎると心配したようになってしまうとまでいわれます。

法得先生は「この教えはいずれ医学が証明するときがくる」とおっしゃっています。実際、最近では心が身体に及ぼす影響の研究も盛んになり、物事に意欲的に取り組んだり明るいものの考え方をしていると脳の血流がよくなり、脳からの指令が滞りなく行き渡って免疫細胞が活性化するということが医学的にわかってきているそうです。

これとは逆に、心配や不安、怒りや不満といった陰気な思いは、身体が休息するのを妨げ、病気をはねのける免疫力を下げてしまいます。

ですから、要するにこんな時こそ「感謝して今日もにこにこ働く」のです。

これが最上で最善のことです。

嬉しい楽しい時の感謝なら誰にでも自然にできます。でも辛い苦しいときにも感謝するようにというところが肝心なのです。そして今がその時です。

人間は自分にできることしかできません。緊急事態のときも平時も同じです。

与えられた職務や家事を、今やるべきことを、それぞれが一生懸命やる。自分に与えられた責任を誠実に果たす。平常心で、淡々と、やるべきことに打ち込む。それしか、できません。

世界レベルで大きく物事を語ることが必要な時もありますが、今、この緊急事態が既に発生している現在においては、ひとりひとりが自分のやるべきことを一生懸命やるしかありません。そして有り難いことにそうして仕事に没頭している間、人間は不安を忘れることができ充実感や幸福をも味わえます。

何ものにもとらわれることなく、家族が仲良く、周囲の人も仲良く、自分よりもまず他の人のことを思って、調和し奮闘し無我の思いで働く。そこには病魔は入り込めません。

法運、法得両先生は、公という概念を大切にされました。

現在、医療従事者をはじめ、毎日の生活を支える様々な仕事に従事する人が肉体を酷使し頭を使い、心を砕いて働いてくれています。この方たちへの感謝と、無事と幸福を祈る気持ちをどうぞ持っていただきたいと思います。

直接的には知らない者同士が見えないところで複雑に関係し合い、知らない人の働きによって支えられ私たちは生きていられます。自分もまたそうして誰かを支えています。

働く時の心構えとして、これまで生きてきた恩を自分の仕事を通じて返すんだという気持ちで働きなさいと教えていただいています。ですから、今、仕事のために外に出ている方々は、コロナに感染してしまうんじゃないかという恐れもあるかもしれませんが、報恩の精神を胸に出られると良いと思います。

このウイルスは、感染しても8割が重症にはならず気付かないこともあるそうです。しかし、自分の軽率な行動から高齢者と持病のある人を死に至らしめる可能性がありますので十分な注意が必要です。

そして皆さまに、今こそご著書や報恩誌をお読みになることをお勧めします。

報恩会の書籍を読むと、どれも、その時々の自分の心の有り様で自分にちょうど必要なことが書かれていて、恐ろしいほどピンポイントで心の中に入ってきます。

真剣に読めば読むほど、より深く教えていただけることがあります。筋を追う読み物ではありませんので、一回読んだことのあるところでも、是非何度も、心を空っぽにして読んでいただきたいと思います。

十分な栄養と睡眠と手洗い、マスクの着用と清潔を守り、密集・密閉・密接を避けるなど行政の指導に従い、心の方面はご著書と報恩誌を読んでご自分の物事の捉え方や心を切り替えて、少しでも感謝の気持ちに変える努力をしていただきまして、元気にお暮しいただきたいと存じます。

この感染症が早く収まり、会員の皆さまとまた笑顔でお会いできる日を心待ちにしております。よろしくお願い申し上げます。

令和2年4月吉日

公益財団法人報恩会 理事長 長塚和宏

新ホームページ(暫定版)オープン

閉鎖によりしばらくご迷惑をおかけいたしておりましたが、システム的にもリニューアルした報恩会ホームページをオープンいたしました。

まだまだ暫定的なものですが、随時更新させていただく予定です。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

              公益財団法人報恩会

新型コロナウイルス感染防止対策による5月休会のお知らせ

新型コロナウイルスの感染は拡大の一途をたどり、4月7日に東京など7都府県を対象に緊急事態宣言が発令されました。この現状を鑑み、当会では5月も引き続き休会することが妥当であると判断させていただきました。

5月1日~31日の期間、本部道場及び各地区の修養会はすべて休会とし、講師の派遣も控えさせていただきます。人から人への感染を防ぐことが目的ですので、当会関係の会議等も自粛していただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

尚、6月以降につきましては5月中旬の状況で判断し、ご案内申し上げます。

現在、日々の報道を見聞きして不安感が高まっている方も多いと推察されます。直接会えなくても、ぜひ電話やメール等でお互いにコミュニケーションを取っていただきたく存じます。     

皆様、くれぐれもお身体ご自愛くださいますようお願い申し上げます。

※本部道場事務所は、道場での業務が終わり次第在宅勤務とさせていただきますのでご了承ください。本部道場の電話を転送しておりますので、ご不明な点がございましたらお問合せください。

感謝のタネはいたるところに

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に広がって、まだまだ収束の兆しが見えてきません。先月号の当欄で世界の感染者数を約八万五千人と記しましたが、一か月後の三月下旬、感染者数は九十万人を超えるような事態になっています。亡くなった方も約四万五千人を超え、さらなる増加の一途をたどっています。

当初の感染の中心地は中国でしたが、それが欧米に移り、米国での感染者数は世界最多の二十万人以上、特に大都市であるニューヨークでは感染者が爆発的に増え、住民に外出禁止令が出されたほか、病院ではベッドや人工呼吸器が足らなくなり、医療崩壊寸前と言われています。また、すでに医療崩壊となってしまったイタリアでは、重症者の治療に手が回らなくなり、死者数は一万三千人、致死率も世界最多となったそうです。

感染拡大の危険性は日本も例外ではありません。東京や大阪、名古屋など大都市圏を中心に全国規模での感染者数の増加が日々報道されています。感染予防対策として手洗い、うがい、マスク着用の徹底と、不要不急の外出の自粛が要請されていますが、まずはそれらを素直に実行していくことが大切でしょう。

社会的な対策としては、コンサートなどのイベントの自粛、飲食店などの休業、会社員のテレワークの実施、学校の長期の休校など、さまざまな対応が求められています。

特に政府は集団感染のリスクが高いとして、「三つの密」への注意喚起を発表しました。

  (1)換気の悪い密閉空間

  (2)多数が集まる密集場所

  (3)間近で会話する密接場面

 このような状況を避けるように、ということです。

しかし、残念ながら報恩会の道場や各地の修養会などは、それに当てはまってしまう可能性が高いと思われます。たとえ会場ではアルコール消毒などをして感染予防対策を施したとしても、会場に向かうときには電車やバスなどの公共交通機関を使わざるを得ない場合がほとんどです。

また自分自身では気にしない、平気だと思っていても、あちこち出歩くことはご家族の方々を心配させることにもなりますし、場合によっては自分自身を媒介して周りの人たちに感染を広げてしまうおそれもあるのです。

そのため、先月に引き続き、四月も沼津の道場と各地の修養会は休会することに決まりました。とても寂しい限りですが、修養に志す私たちとしては、ぜひこれを前向きにとらえていきたいと思います。不安、心配、不平、不満などのとらわれを捨て去り、平常心を取り戻すのです。

実際、学校の休校やテレワークの導入などで家にいる時間が長くなり、家族のコミュニケーションが増えたという声も多いと聞きます。また、通常とは違った生活を経験することによって、平凡な日常の有り難さも改めて感じられるかもしれません。

つらいことも多いと思いますが、感謝のタネはいたるところにあるのです。

今こそ、私たちがいつも教えていただいている、『感謝して今日もにこにこ働きましょう』『調和奮闘無我』『一心』といった報恩会の根本の教えを思い起こし、深く自分を振り返り、家庭で、社会で実行に励むときではないでしょうか。

(「報恩」令和2年4月号、巻のはじめに)

『報恩』誌、第1巻・第4号

現在も継続して発行されている『報恩』誌の創刊は、 昭和21年(1946年)にさかのぼります。

ここでご紹介するのは『報恩』第1巻・第4号(1946年12月1日発行)です。 当時は青年部が主体となり発行されていました。

冒頭部に次のような、報恩会青年部の目的が示されているのが印象的です。

 武田彌三先生を中心とする
 修養に依り心身を練磨し
 報恩會員相互の親睦を畫る
 を以て目的とす


戦後まもない頃ではありますが、 報恩會青年部の方々の熱きエネルギーが感じられます。


↓↓クリックすると開きます。

houon19461201